Yodoyabashi medical clinic
ホーム > 診療科目 > 腫瘍内科について

腫瘍内科について

腫瘍内科では、日本臨床腫瘍学会の認定するがん薬物療法専門医や、がん薬物療法認定看護師・薬剤師がチームとなり、高い専門性をもって患者さんに最適な治療を提供できるよう努めています。

内科的治療

当クリニックでは肺がん・乳がん・胃がん・大腸がんをはじめ、膵がん・悪性リンパ腫・成人T細胞白血病・軟部肉腫・甲状腺がん・原発不明がん・稀少がん(きわめて希ながん)も含め、ほとんどのがんに対して内科的治療を行っています。治療開始の時点から緩和ケアを考慮してがんの治療を行いますので、終末期医療についてもご希望に沿った対応が可能だと思います。
まだ元気なのに「もう治療はありません」と診断され、本当にもう何もできることはないのかとお悩みのがん患者さん(あるいはそのご家族の方)に対しても、腫瘍内科専門医の立場でセカンドオピニオンのご相談に応じます。

化学療法

抗がん剤の投与によってがん細胞の増殖を妨げ、攻撃する薬物療法のひとつで、全身に転移してしまったがん細胞に効果がある全身療法です。現在では100種類以上の抗がん剤があり、投与方法は経口と点滴などの注射の2種類。がんを縮小させるために手術療法前に行うこともあれば、再発を予防するために手術療法後に行う場合もあります。乳がんや前立腺がんなどのホルモンが関わっているがんに対しては、同じ薬物療法であるホルモン療法によって治療が行われることもあります。

放射線療法

がんの病巣に放射線を照射して攻撃する局所療法です。体の外側から高エネルギーの放射線を照射する「外部照射」と、薬の投与や針の埋め込みなどによって体内に弱めの放射性物質を取り入れて照射する「内部照射」があります。放射線と聞いてイメージしやすいのはレントゲンにも使用されるX線ですが、ほかのタイプの放射線の実用化も進んでいます。